製品属性(仕様)

製品
分類
その他板金加工品 業界感染症予防
素材SPHC サイズW:470 x L:400x H:940
工程レーザー加工、溶接、組立て、塗装 精度±1.0mm

製品画像(様子)

特徴

こちらは、「レーザー加工部品による構造品 足ふみ式消毒液スタンド」の製品事例でございます。市販の消毒液ボトルを台の上に置き、直接ボトルに手を触れることなく、足で踏むだけで手の消毒ができる製品です。材料はSPHCの板厚t3.2を使用しており、大板1枚から約15点のパーツを2次元のレーザー加工機によって切り出して組立てたあと、TIG溶接で部品の固定をしています。部品同士が接する部分は凹凸を付けてあり、凹凸部分をはめ込むだけで容易に組み立てられるような設計をしています。そのため、組立て治具などを作る必要もなく安価で設計変更の自由度も高いです。1台にかかる製作時間はたったの2時間で、短納期にも対応可能です。
 
本事例の加工ポイントは設計であり、これを自社で行っております。当社にお任せ頂けますと、複数部品からなる構造品の加工においても、工数や納期に配慮したうえで行うことができます。市販の消毒液ボトルの大きさも多種多様ですので、それらに対応できるように調整機構も設けております。コロナ禍で世間的にも需要が増えており、多くのメーカーが同様の商品を販売しておりますが、現状弊社では販売用ではなく社内用として製作しました。これまでに約10台を製作し社内の至る所に配置して感染予防に活躍しています。このようなレーザー加工機を使った、板材のみでの構造品も弊社で製作が可能です。ご要望があれば設計から対応させて頂きますので、お気軽にお問合せください。