チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工について

 板金加工の材質として扱われることが多いものとして、SS400やSPCCをはじめとする鉄材、SUS304などのステンレス鋼材、あるいはアルミなどが挙げられます。これは勿論板金・パイプ加工.comにおいても例外ではなく、これらの材質に対する板金加工に対応しており、これはパイプ加工においても同様です。
 板金・パイプ加工.comの板金加工およびパイプ加工の大きな特徴の1つは、上記の鉄・ステンレス・アルミ以外にチタンやマグネシウムに対する加工にも対応していることが挙げられます。チタンは稠密六方孔子構造であることから塑性加工を行うには技術とノウハウを要します。またマグネシウムはアルミよりも軽い金属ではありますが、曲げ加工や絞り加工時に亀裂が生じるなど塑性加工を行うには難しい材質と言えます。

チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工の特徴

 このようにチタンおよびマグネシウムは板金加工・パイプ加工を行うには困難な材質と言えるものでありますが、板金・パイプ加工.comではこれらの材質に対する塑性加工の実績も多くあり対応が可能となっております。
 板金・パイプ加工.comでは輸送機器部品をはじめとして軽量化が求められる製品をこれまでメーカー様へお納めしてまいりました。そのため、材質をSUSや鉄からチタン・マグネシウムへ置き換えるという実績を多く築いてきており、それに伴いチタン・マグネシウムの板金加工・パイプ加工の技術・ノウハウも蓄積してまいりました。
 なお。チタンの場合、形状により変動しますが、各加工における対応板厚は以下の通りとなります。
 ・レーザー加工:0.5~3mm
 ・絞り加工  :0.8~1.5mm
 ・溶接    :0.6~8mm
 ・パイプ加工 :0.6~3mm(径により変動あり)
 ※またマグネシウムにおいてはパイプ加工可能な板厚は1.0~2.0mm

<チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工の特徴>
特徴1

チタン・マグネシウムの板金加工・パイプ加工に対応

特徴2

材質変更による軽量化提案が可能

特徴3

適切な材質の配置や選定を設計段階からご提案

例えば、チタンはその中でも耐熱チタンや純チタンといったように複数種類のチタンが存在します。板金・パイプ加工.comではこれまでの製作を通して蓄積したノウハウで、どの種類のチタンを製品のどこに配置するのかというご提案を設計段階から行うことが可能です。
これにより設計段階からの品質向上あるいはコストダウンといった形でお客様へメリットを提供していきます。



<チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工 の風景>
チタンへのTIG溶接
チタンへのTIG溶接
チタンへのプレス加工
チタンへのプレス加工
マグネシウムのプレス加工
マグネシウムのプレス加工
マグネシウムへの溶接加工
マグネシウムへの溶接加工

チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工 による パイプ加工・板金加工の事例

 「チタン・マグネシウムの板金・パイプ加工」による製品事例を紹介します。いずれも多くの実績がある製品カテゴリとなります。ここに紹介した製品事例以外にも多くの実績がありますので、ぜひホームページ内の製品事例ページをご覧いただければと思います。

アシストスーツ用フレーム
アシストスーツ用フレーム
マグネシウムフレーム
マグネシウムフレーム
チタンパイプ曲げ加工品
チタンパイプ曲げ加工品
チタンプレス加工品
チタンプレス加工品