同業他社が対応できない難加工・難削材への加工対応

  国内外の大手製造業様とお付き合いする中で、SPCCやSPHCなどの一般的な板金鋼板への難加工の経験値に加えて、高付加価値製品に使用される難削材の加工技術も磨いてきました。例えば、高い耐久性や軽量性を求める製品に使用されるチタンの成形や溶接技術。軽量化を求める際のマグネシウム合金をつかったフレームの曲げ加工や溶接技術。このような製品の使用目的に沿ったチタンやマグネシウムの加工経験、ほかにもアルミやステンレスへの板金・パイプ加工において豊富な経験と実績があります。さらに、日本国内でも対応できる加工会社がほとんどない、冷凍2重菅構造のパイプ曲げ加工への対応できることは、当社の確かな技術力の証明になります。

< 板金・パイプ加工の難加工・難削材の加工例 >

2重菅構造
パイプ曲げ加工品

チタン製
プレス成形部品

マグネシウム合金製
フレーム部品

チタン製
排気系部品

難加工難削材に対応できる専門設備と専門ラインの配備

 難加工や難削材あっても出来る限り加工コストをかけることなく製作する専用の機械設備や生産ラインと技術力を榛葉鉄工所は保有しています。例えば、2重菅構造パイプ曲げ加工を行う機械設備である冷凍2重管曲げ設備の保有。チタンを一般的な素材と同じように加工できる成形機とプログラム技術。各種難削材を曲げ加工を行えるパイプ曲げ機械。精密溶接を行う為のファイバーレーザー。チタン溶接を一般的な産業用溶接ロボットで行うことができるティーチング技術などです。これによりお客様から難削材や難加工といわれるご依頼をいただいた際にも、コストを抑えながらスムーズな対応が可能となっています。

< 難削材や難加工に対応できる社内設備と技術力 >

チタン材料のプレス成形

冷凍二重管パイプ

精密溶接のための
ファイバーレーザー

チタン溶接を高品質で行う
産業用溶接ロボット