Answer (回答)

近年では、より高度な現象を扱うために非線形解析が必要になるケースが増えていますが、板金・パイプ加工.COMを運営する株式会社榛葉鉄工所では、構造解析における非線形解析には現状対応しておりません。線形解析での構造解析は実施させていただきますのでこちらでのご対応をさせて頂きます。
※非線形解析とは、応力と歪みの関係が非線形になる、物体の移動量が大きい、物体の歪みが大きいといった場合の構造解析で必要となります。