CAE解析とは

 CAE解析(Computer Aided Engineering)とは、熱流体解析とも呼ばれ、設計段階において、コンピューターを用いて製品性能のシミュレーションを行うことを指します。CAE解析を用いることで、試作品を製作しなくても、シミュレーションによって性能評価が行うことができるため、開発リードタイムの短縮や、開発コストの削減など、様々なメリットがあります。また、近年ではコンピュータおよび解析ソフトの性能向上など、技術の進歩によって、より精度の高い解析を行うことが出来るようになっています。

CAE解析の種類

 CAE解析は、評価する製品の種類に応じて多様な種類があります。下記に、CAE解析の代表的な種類について列挙致しました。

名称

内容

構造解析

物の構造とそれに応力がかかった際の変形や影響を解析する

流体解析

流体の圧力や速度、流れなどを解析する

熱伝導解析

熱源からの熱伝達および温度分布を解析する

振動解析

振動している物の振動の速さや大きさ、共振点などを解析する

電磁場解析

物に対する電磁場などの影響および相互作用を解析する

音響解析

音を波形で可視化し、音量や音圧などを解析する

照明解析

光の軌跡を解析し、特定位置における照度や輝度などを解析する

 板金・パイプ加工.comでは、長年にわたり排気関係製品の製造を行ってまいりました。そのため、マフラーの設計・評価のために、熱流体解析などを駆使して、高い消音効果を実現しながらも、よりエンジンパワーを引き出すことの出来るマフラーの開発、自転車フレーム開発の際などに、CAE解析を駆使してまいりました。CAE解析を必要とするような、強度やスペックを要求される製品の製作につきまして、板金・パイプ加工.comを運営する榛葉鉄工所では、実績が豊富にございますので、お気軽にご相談ください。

>>お問い合わせはこちら