Answer (回答)

はい、可能です。構造解析を行う前に拘束条件などの詳細をお聞きさせていただきます。板金・パイプ加工.COMを運営する株式会社榛葉鉄工所では、静的解析を中心に解析を行っております。ただし、条件が整っている場合には動的解析をすることも可能です。静的解析は、対象物にかかる荷重が一定もしくはゆっくりである場合に使用されます。動的解析は、対象物にかかる荷重が時間によって変化する場合に使用されます。詳しい条件に関しましては、一度当社にお問い合わせをしていただき、ご確認をお願い致します。
※構造解析とは、構造物に想定される負荷をかけることで形状の変化や破損の具合を知るための解析方法です。